さわのはな
農家さんが無くなるのを惜しむほどに美味い、幻の米・さわのはな

さわのはなの特徴

モチモチ

スッキリ

お米の粘り

強め

控えめ

お米の甘み

しっかりめ

やわらかめ

食べた時の食感

強め

弱め

炊きたての香り

強め

弱め

お米のツヤ

農薬使用量

化学肥料使用量

厚志@プロフィールjpg

尾形 厚志

尾形米穀店 5代目店主

五ツ星お米マイスター
ごはんソムリエ
米・食味鑑定士

お米マイスターのさわのはな紹介

●幻のお米・さわのはな

さわのはなは、幻のお米とも呼ばれる希少品種です。
1960年に山形県尾花沢市で開発され、世代的にはコシヒカリやササニシキと同世代の古いお米です。
 

●かつては山形県の主力品種だったけれど…

さわのはなは、はえぬき・どまんなかがデビューする(1992年頃)前までは、山形県の作付面積の2割〜3割を占めるほどに栽培されており、ササニシキに次ぐ主力品種だったのですが、
 
  • 収穫量の少なさ
  • お米の見た目の悪さ
  • 化学肥料との相性の悪さ
  • 晩生で、他の農作物と収穫時期が被る
 
などの理由から、1997年に山形県の奨励指定品種から外されました。
 

●「さわのはな」の種子の供給が止まり、存亡の危機に…

指定品種から外れたことで、さわのはなの種子の供給も止まり、種の存亡が危ぶまれましたが、
 
「こんな美味しいお米が無くなるのは惜しい…