さわのはなとササニシキを食べ比べてみた

From SUZU子

こんにちは

反抗期続行中の息子の怒った顔が…
ハシビロコウに似てる!と気づいてしまい
怒ってる息子に対して、ついにやけてしまう
Haha SUZU子です。

↓ハシビロコウをご存知ない方のために

ハシビロコウ
息子の怒った顔はこんな感じ

そうそう…この感じがそっくりです(^^)

 

さて、今回は初めて食べる「さわのはな」と
食べ慣れている「ササニシキ」の食べ比べた結果を
ご報告していきたいと思います♪

息子が気になっていた、ご飯の「すっきりとは
どんな感じなのか?」をしっかり確かめることが
できるでしょうか♪

※前回の食べ比べはこちら♪→ここをクリック

●さわのはなとは・・・

さわのはなは、幻のお米と言われているそうです
さわのはな、幻のお米と言われているそうです

初めて食べるさわのはなについて
尾形米穀店の尾形さんに、お尋ねしてみました。

「さわのはな」は実は、幻のお米の1つ
言われているんだそうです。

かつては、山形県でも
たくさん作られていたそうなんですが、
収穫量が少ない・作りづらいという理由で、
作られなくなってしまったそうです。

でも、

「こんなにおいしいお米がなくなるのはもったいない」

という理由で、
一部の農家さんが自分で食べる用に、
種を保管して作り続けてきたのが、
「さわのはな」というお米だそうです。

現在は山形県長井市の遠藤さんが
手間暇かけて、さわのはなの種を管理して、
栽培してくださっています。

そのおかげで、今もさわのはなを食べれるわけですね。

さわのはなを栽培してくれている遠藤さん
さわのはなを栽培してくれている遠藤さん

特徴は
・やや強めの程良い粘り
・冷めるほどに甘みと食感が増す
・どのお米とも異なる。個性的な食感

個性的な食感?・・・
ますます興味を惹かれます(^^)

対して、食べ比べの品種で馴染み深いササニシシキ

ササニシキとは・・・

私はササニシキを食べて育ちました
私は子供の頃、ササニシキを食べて育ちました

尾形米穀店の尾形さんに伺うと
ササニシキは栽培がとても難しい品種だそうで
年々生産量が減っているらしいのです。

尾形米穀店のササニシキは
山形県高畠町、おきたま興農舎産の
ササニシキです。

栽培が難しいのに、なんと
農薬5割減・
化学肥料5割減の
特別栽培米です。

特徴は
・独特のすっきりした食感
・粘り気が少なく解けやすい
ではないでしょうか♪

●さわのはなVSササニシキ

さわのはなの方が粒が小さめ
さわのはなの方が粒が小さいかな?
ササニシキは白くて綺麗
ササニシキのお米の方が白いですね

お米の粒の大きさは同じくらいです。
小粒の印象ですね♪

炊き上がりはこちら↓

さわのはなは、ホクホクしてます!
さわのはなは、ホクホクしてます!
ササニシキはツヤツヤで綺麗ですね
ササニシキはツヤツヤで綺麗ですね

 

どちらも一粒一粒がしっかりとしています。

今回の食べ比べでご飯のお供に用意したものは


・梅干し
・塩じゃけ
・肉じゃが
・鶏の照り焼き

前回同様におにぎりの具は外せません。

さわのはなとササニシキには、
こってりした料理を合わせてみようと思って、
まったりした肉じゃがとキリッと濃い味の
鶏の照り焼きにしてみました。

肉じゃがと鳥の照り焼きで食べてみよう
肉じゃがと鳥の照り焼きで食べてみよう

●食べ比べ開始!感想は挙手制です!

 

子供達、慣れた感じで静かに食べ出します。

haha
どう?わかる?
長女
うわっ美味しい~。ふわふわもちもちっ!
長男
俺こっちー。食感が好き
長女
私はこっち、さらっと喉を通る。香りがこっちの方があるけど…嫌いじゃない♪
長男
すっきりってさぁ…なんかわかる…いくらかんでもベタベタしないってことかな?
haha
おぉ~なるほどね。すっきりを体感できて、違いまでわかってよかったよね。
長女
お米って美味しいよね~もぐもぐ
haha
じゃぁお代わりするならどっち食べますか?
長女
ササニシキ!
長男
さわのはな!
haha
今回はお好みのタイプが分かれたね!

 

●haha SUZU子の食べ比べた感想

さわのはなとササニシキ、並べると違いがわかるかな?
並べると違いがわかるかな?

 

今回のテーマである「すっきり」とは?どんな感じか?
究極のすっきりタイプのササニシキを、
食べ比べの品種に選んだので…

さわのはなを食べたあとにササニシキを食べると
かなりはっきりと、「すっきり」を
感じることができました。

さわのはなを初めて食べましたが、モチっとしてる割に
ベタつきは少なく、粒を感じられるので
ちょっと不思議な感覚がして、立て続けに
口に運んでしまいました。

ご飯のお供を用意しましたが、さわのはなに関しては
お味噌汁だけで、ご飯がすすみましたょ(^^)

肉じゃがのまったり感より
すっきり濃いめの味の、鶏の照り焼きが
合いました。

冷めてからの方が、甘みは強かったです。

ササニシキの方が、ふわっと香りがあり
口の中で噛んでもまとまらず、
すっと喉越しの良さに、感じました。

子供の頃ササニシキで育ったのですが
久しぶりに食べると、
こんなにパリッとすっきりしてたかなぁ…と
驚きました。

このすっきり感は、酢飯やチャーハン、雑炊
などがぴったりなんじゃないかなぁ…

●食べ比べをしてみた結果

 

さわのはなとササニシキ、どちらの減りが早いかな?
どちらの減りが早いかな?

今回は食べ始めと、食べ終わりの頃
どっちが好みのお米か聞いてみました。

食感がかなり違うタイプの品種でしたので、
食べ始めから食べ終わりまで
一貫して好みの変更はなかったようです。

ひとしきり感想を言い終わると
すごい勢いで食べ続けた長男
さわのはなと梅干し→味噌汁→ちょっとの肉じゃが

長女はこってりしたご飯のお供を好みます。
ササニシキと鶏の照り焼き→肉じゃが

今まで何も考えずに、出されたお米を食べていたのに(^^)

長女
こんなにもお米って違うんだね~
長男
でも尾形さんのお米どれも美味しい。どっちが好み?と聞かれるからジャッジしてるけど…
長女
そうだね(^^)なんかすごく贅沢で平和な時間だよね〜

 

二人からこんな感想まで聞けるとは…
普段はこんな会話ないから
皆似たような感性を持っててくれてるなぁと
ちょっと嬉しかったhahaです。

次の食べ比べは長女からのリクエスト

どまんなか
次はどまんなかと…
ひとめぼれ
ひとめぼれを食べ比べてみます

「どまんなか」VS「ひとめぼれ」

こってりしたご飯のお供を好む長女らしい
リクエストだなぁ~♪

同じすっきり系のふっくらタイプとしっとりタイプ!
長男の反応も楽しみです。

PS、我が家からの、食べ合わせ
おすすめ料理を発表します!

◎さわのはなに合うお料理は

照り焼き、煮魚、お味噌汁
少しだけ汁気のある、濃い味のお料理が
ぴったりです。

さわのはなの食感は不思議なので一度、食べてみてほしい品種です。

ササニシキに合うお料理は

やはり炒飯やチラシ寿司
お米がほどけるので…
雑炊なんかもいいともいます♪

サラサラちょっと食べたい!というとき
ササニシキと相性がいいお料理が
多いですね。

良い意味で、淡白なお米だと思います。

是非さわのはなの不思議な食感を、
お試しあれ(^^)

 

どまんなかVSひとめぼれの記事はこちら→ ココをクリック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください